秋田のおもてなし精神をニッポン中に届ける学校のようなウェブマガジン

なんも大学

祭り・行事

  • なまはげ柴灯せどまつり

    神事「柴灯祭(さいとうさい)」と民俗行事「なまはげ」を組み合わせた冬の観光行事。迫力あるなまはげが一堂に会す様は必見!

    開催日
    毎年2月の第2金・土・日曜日
    開催場所
    真山神社(男鹿市北浦真山)
    お問い
    合わせ
    男鹿市観光商工課内 なまはげ柴灯まつり実行委員会
    0185-24-9220
    ホームページ
    なんも
    大学記事
    なまはげ
  • 川を渡るぼんでん

    ほら貝を高らかに吹き鳴らし、ぼんでん唄を歌いながら町内をまわったぼんでんが、一の鳥居前でのもみ合い後、川舟で雄物川を渡り伊豆山神社に奉納されます。

    開催日
    毎年2月11日
    開催場所
    大仙市大曲地域花館地区各町内雄物川(臨時渡船場)伊豆山
    お問い
    合わせ
    花館公民館内 川を渡るぼんでん実行委員会
    0187-62-3012
    なんも
    大学記事
    あきたにきた ゆきとまつり
  • 刈和野の大綱引き

    上町(二日町)が勝てば米の値が上がり、下町(五日町)が勝てば豊作になると言われ、巨大な綱を数千人で引き合う1年の命運をかけた大勝負です。

    開催日
    毎年2月10日
    開催場所
    大仙市字刈和野220付近(大仙市刈和野大町通り)
    お問い
    合わせ
    西仙北中央公民館内 大仙市刈和野大綱引保存会事務局
    0187-75-1115
    なんも
    大学記事
    あきたにきた ゆきとまつり
  • 象潟の盆小屋行事

    海辺にワラを使った簡素な小屋を作り、火を焚いて先祖の霊を迎え、送る盆行事。国の「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財」にも指定されています。

    開催日
    毎年8月12日〜15日
    開催場所
    にかほ市象潟町象潟海水浴場など
    お問い
    合わせ
    象潟町盆小屋行事保存会
    にかほ市教育委員会文化財保護課
    0184-43-2005
    なんも
    大学記事
    盆小屋
  • 鳥海山ちょうかいさん日立舞ひたちまい

    横岡獅子舞、横岡番楽ともいわれ、生駒氏が讃岐から国替えの際に随行した楽師が伝えたとされています。舞はお盆に行われ、9月の神送りが舞い納めとなります。

    開催日
    8月13日、15日、9月1日
    開催場所
    にかほ市象潟町・横岡自治館前
    お問い
    合わせ
    横岡番楽保存会
    にかほ市教育委員会文化財保護課
    0184-43-2005
    なんも
    大学記事
    Discover Akita 第2回 鳥海山日立舞(横岡番楽)<にかほ市>
  • 横手のかまくら

    約450年の伝統のある水神を祀る小正月行事。かまくらの中では、子どもたちが「入ってたんせ(入ってください)」などと言いながら、甘酒や餅を振る舞います。

    開催日
    毎年2月15日〜16日
    開催場所
    横手市役所本庁舎前道路公園
    二葉町かまくら通り
    羽黒町武家屋敷通り
    横手公園など
    お問い
    合わせ
    横手市商工観光部観光おもてなし課 0182-32-2118
    横手市観光協会 0182-33-7111
    なんも
    大学記事
    かまくら③
    かまくら④
  • 秋田竿燈まつり

    竹竿に提灯を吊るし、稲穂に見立てた竿燈を手のひら、額、肩、腰などでバランスを取りながら支え、災厄払い、五穀豊穣などを願います。東北三大祭りの一つ。

    開催日
    毎年8月3日〜6日
    開催場所
    竿燈大通り
    お問い
    合わせ
    秋田市竿燈まつり実行委員会
    018-888-5602
  • 大曲の花火
    全国花火競技大会

    日本一の座をかけて、全国屈指の花火職人たちが集結する花火競技大会。その最高峰の技を見るために、毎年全国から70万人もの人々が訪れます。

    開催日
    毎年8月最終土曜日
    開催場所
    秋田県大仙市大曲花火大橋付近雄物川河畔
    お問い
    合わせ
    大曲商工会議所
    0187-62-1262
    なんも
    大学記事
    花火師
  • 上桧木内かみひのきないの紙風船上げ

    100年以上の歴史を持ち、武者絵や美人画などが描かれた、灯火をつけた巨大な紙風船が真冬の空高くのぼっていきます。その姿は蛍のように美しく幻想的です。

    開催日
    毎年2月10日
    開催場所
    西木町上桧木内字大地田(紙風船広場)
    お問い
    合わせ
    西木町観光協会
    0187-42-8480
    なんも
    大学記事
    あきたにきた ゆきとまつり
  • 大館アメッコ市

    約450年前から行われている行事で「この日にアメを食べると風邪をひかない」と伝えられています。枝アメや細工アメなど色とりどりのアメの屋台が並びます。

    開催日
    毎年2月第2土・日曜日
    開催場所
    大館市大町(おおまちハチ公通り)
    お問い
    合わせ
    大館アメッコ市実行委員会事務局
    0186-42-4360
    なんも
    大学記事
    あきたにきた ゆきとまつり
  • 犬っこまつり

    約400年続く民俗行事で、雪で作ったお堂や犬が町中に現れます。盗賊除けに家の前に米粉で作った小さな犬の飾り物をお供えをしことが発祥とされています。

    開催日
    毎年2月第2土曜日と翌日の日曜日
    開催場所
    湯沢市佐竹町(湯沢市役所周辺)
    お問い
    合わせ
    湯沢市観光物産協会
    0183-73-0415
    なんも
    大学記事
    あきたにきた ゆきとまつり
  • 西馬音内にしもない盆踊り

    櫓の上で奏でられる勇壮なお囃子に合わせて、 編み笠や彦三頭巾で顔を隠し、あでやかな端縫いや藍染め衣装を着た踊り手が祖霊を送る、幽玄な盆踊り。

    開催日
    毎年8月16日〜18日
    開催場所
    羽後町西馬音内字本町地内 (通称本町通り)
    お問い
    合わせ
    羽後町企画商工課 観光担当
    TEL 0183-62-2111
    なんも
    大学記事
    寒天使のカタチ 第2回 寒天使・佐藤ノブさん
  • 三吉みよし梵天祭ぼんでんさい

    五穀豊穣や家内安全・産業発展などを祈願して梵天を神社に奉納します。激しくもみあいながら奉納する力強さから「けんか梵天」とも呼ばれています。

    開催日
    毎年1月17日
    開催場所
    太平山三吉神社(秋田市広面赤沼3-2)
    お問い
    合わせ
    太平山三吉神社総本宮
    TEL 018-834-3443
    ホームページ
    なんも
    大学記事
    苗字を訪ねて三千人 第2回
  • 花嫁道中
    (ゆきとぴあ七曲)

    花嫁、花婿が馬そりに乗って雪の峠を越える、昔ながらの嫁入りを再現した行事。数千本のろうそくで灯された峠を越える姿はとても幻想的です。

    開催日
    毎年1月最終土曜日
    開催場所
    道の駅うご〜旧長谷山邸(雄勝郡羽後町田代字梺67-3)
    ※出発地点が変更することがあります。
    お問い
    合わせ
    羽後町企画商工課 観光担当
    TEL 0183-62-2111
    なんも
    大学記事
    花嫁道中

全体MAPに戻る