秋田のいいとこ 旅で出会った、ローカルスタンダード
大仙市編

編集・文:竹内厚 写真:船橋陽馬

大曲駅前のパーラー喫茶が最高です。

2018.07.18

思わず笑みがこぼれるクリームソーダってありますよね。
大曲駅前の喫茶店「プルメリア」はそんなクリームソーダにかぎらず、喫茶メニューがとても充実。秋田ではあまり見かけない、モーニングサービスのある喫茶店でもあります。

生メロンジュースも。
生イチゴジュースも…… って、ジュースが届くたびに写真を撮ってしまうくらい、生ジュースに盛り上がってしまった。
こちらは、生バナナジュースにレモンスカッシュ。
モーニングセットは、日替わりのホットサンドにサラダが付く。このトレイやお皿の絵になる感じも見てほしい。

生ジュースだけでも8種類、それがヨーグルト入りのシェイクになったり、他にもスカッシュやミルクドリンク、ココア、昆布茶まで、ドリンクだけでも50ほどのメニューがありました。

軽食メニューも、サンド、トースト、スパゲティ、ピラフなどたくさん。
それらがきれいな手書きのメニューの表裏に収まっていて、そのメニューを眺めているだけでも楽しくて。

なんとも個人的な想像ですが、あだち充の漫画にでも出てきそうな喫茶店。80年代っぽさがあるのかな。
そんな年月を超えてきた感じのある一方で、隅々まで掃除が行き届いた清潔さが保たれているのもナイスなところです。

わかるでしょうか、パンの耳がホットサンドの枕のようになっている。

店を切り盛りするお母さん、池田逸子いけだいつこさんについ声をかけてしまいました。いつからこの店、やってるんですか?

「カネトクデパートの喫茶部に入ってたんだけど、35歳のときにこの店のオーナーだった人に誘われて、ここを買いました。プルメリアという名前もそのまま引き継いで。私? いま70歳ですよ」。

計算すれば、80年代の開業でした。

カネトクデパートは大曲駅前に1964年に開業したデパートで、大曲に暮らす人なら、誰でもその名を知っているはず。デパートは、90年代に閉店しています。

店のロゴ入りマッチも現役。
ビルの2階にあります。

そして、こちらのプルメリア、盆と正月をのぞいて年中無休。池田さんが毎朝5時半に起きて、朝8時から夕方18時まで店を開けられています。

「駅の観光案内所でも、あそこはいつでも開いてますって紹介してもらってます(笑)。私、休まないでがんばってますから」。

【プルメリア】
〈住所〉大仙市大曲通町2−12 シティピアザ2F
〈時間〉8:00〜18:00
〈定休日〉不定休
〈TEL〉0187-63-0787

TOP